マドモアゼル愛先生の春分図2020解説書き起こしてみました。

占星術家マドモアゼル愛先生の
春分図2020の説明を書き起こしてみました。

まずは、第1回目です。
部分的に省略して、要点のみを起こしています。

2020年。先生の目を通して、世界、日本を見つめることは、
冷静な目を養う、ひとつの大きなギフトのように思います。


「占星術では1年間の運勢というか、どのようなできごとが起きるのかを見ていく
そのもとになるのが春分図というものなんです。

太陽が春分、すなわち牡羊座の0度に入った時の天体の様子によって
その1年を占うということで、3月の春分をスタートとしています。

占星術の考え方では最初が大事、始まりの時に全ての種が含まれていると考えます。
なので、例えば人間でいえば出生図というホロスコープというものが
なんで重視されるのかというと、
それは人生のスタートという時に種のようなものが全て含まれている、
天体の配置に全て含まれている、と考えるからなわけです。

2020年3月20日12時50分で一応とっております。

初見からいうと運動星座という、
物事を起こす力がある星座が
牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の4つなんですね。

ここにほとんどの、というか半分の惑星(小惑星を入れていませんが)、
太陽、火星、木星、土星、冥王星の5個の星がほとんどが
山羊座なんですけれども、そこに集合している、

この年が物事を起こす力がある、というふうに考えます。

そういう意味では重要ですよね。

これまでのものが変わっていく、消えていく、

すなわち壊して再建する、それが大掛かりに
日本に限らず世界中に起こる、と考えられます。

これまでの重要なシステムが全てご破算になっていくだろうということ。
同じ時代に2度と戻ることはない、ということは確かになると思います。

企業体の限界と崩壊が増すということ、
かなり大きな企業でも金融自体がある意味で崩壊していくような
1年2年かけてなっていくと思いますので、

例えばバブルの時に企業は大変なお金を得たわけですよね。
そのお金を不動産と株式につぎこみ、
バブルの崩壊とともに全て消えていった、リーマンショックで更に負になってしまった、

実はまだそこから世界は立ち直ってないんですね。

海外はたいへんなことになっていくと、思っています。

その中で唯一希望があるのが
もしかしたら日本なのではないだろうか、と思います。

これから全てが壊れていく、それはどのように壊れていくのか、
そして個人はその中でどのような運命を持つようになっていくのか

個人はどのような運命を持つか、ということはつまり、
どこからかなにかを与えてくれる本体が力をなくすわけなので、
私たちが何かを待って、スプーンを待って口を開けている状態だと
未来は開けないということだけは確かなんですよ。

日本においては、
日本人の依存的体質ということが続く限り、
日本も厳しい状況にならざるをえない。

早く行動に移したところからどんどん、笑いを自分で作っていく。

志村さん亡くなられたけれど、つまり、
上からくるマスコミからくる与えられる笑いはなくなるけれども、

自分で作っていく笑いによって日本は再生していかなくてはならない、

第1歩の鍵は、

これまでは今の政権も企業優先だった、
それは土星が水瓶座に入ることによって
民主、民優先にせざるをえない、という政治的テーマを持ってきますので、

見事に逆転して、弱いところを助けなければならない、
というところから時代はスタートしていると思いますので、

にわかにこれまでの時代を考えると、信じられないけれど、
実は星の上では私はそのように出ていると、そのように考えています。

一番弱いところが守られれば、時代も国も地域も安定していくんですよ。

社会の安寧というのは一番弱いところを支える
というところからスタートしない限り、
国は安定しないという構造を私は持っていると思います。

時代はそのように動いていきますので、
壊されていく、日本が壊れていくということは確かなんです、

世界はもっと壊れていきます。それは確かなことなんだけれども、

一番最低限のところが守られて、またその安心感の中から
個々が自分の笑いを取り戻して、
新しい未来に向けて個々が具体的に動き出していく、

という形で日本が新しい時代を迎えていくと、
いう形になっていくだろう、というふうに思います。

大まかな方向性、これから何をお話しするかという内容について
一番最初にガイダンス的にお話しさせていただきました。」

 

 


 

友人の多くが参考にしているマドモアゼル愛先生の占星術。

マイバースデー世代なので、みんな
「どんなマダムが書かれているのかしら💕」
と思っていたのだけど、時は経ち、大人になり、

「えっ!!!こ、この方が?」

と正体を知って驚愕しました。

本名が伊藤一夫って、、、
初老の紳士って。。。

でもなんにせよ、
時には疑問が湧くこともありますが(フラットアースについてなど)、
先生のブログ、ユーチューブなど全てとても勉強になることは確かです。

特に土星、月に関する言及は
個人的にはたいへん信頼がおけると思っていて、

というのも、特に月は、これちょっと、、、
ご指摘が耳が痛いことだらけ、なのだけど、
とにかくもアドバイスに従って星座を使ってみると、
素晴らしく冷静に対処できるのです。

そして
「なるほど。月星座使うとフワつくわけなんだな」
と、体感としてわかるのです。

占星術を深く学び仕事にしている友人や、
専門的に学びながらそれを他の仕事に活かしている友人、
先生の大ファンの友人、
さまざまな人たちが、

「月に関しての先生の考えは、占星術界をひっくり返したのでは」

と言っていました。

私はもうほんと、初級コースを受けただけなので、
星々の織り成す大海に漕ぎ出てもいないレベルなのですが、

月に関してはほんと、月光反転法、素晴らしいと思います。
関連ブログはこちらです↓。

第4回まで総合的な解説をしてくださっているので、
そこまで書き起こしを行いたいと思います。